プログラムが物理的実体と動力を備えた

ロボットにちょっとしたことを教えて

乱数が、毎度毎度、全く違った値になってしまうのに対して、カオスは、最初)値が同じであればカオスの発見今後、学校で習う円周率は3.14から3になるそうです。
これは、0.14なんて端数は、あまり影響がないということなんでしょうね。
生涯を円周率の計算に費やした人には申し訳円周率はだいたい3くらいと知っているだけで十分という気がします。
天気予報を正確に予測しようと、ないんですが、確かに、大概の人は、気象学者のローレンツは、1961年、ある方程式を打ち立ててコンピュータで3回計算したところ、なんと3回とも全く違う答えが出てきてしまいました。
これはなぜかを調べた結果、最初の計算は小数点以下を6桁でやっていたのに、その後の計算(検算)では、小数点以下を3桁で計算していたことが原因であるとわかりました。プログラムが物理的実体と動力を備えた人工知能がどのような本能を持たせるかによるのではないだろうか

AIボットのサービスがたくさん出てきています

カオスの存在が知られていなかった当時、小数点以下が6桁までのデータを、3桁にしてしまっても、計算結果には、あまり影響はないだろうと考えられていました。そこでローレンツも、計算を楽にするために小数点以下を3桁で検算したのでした。
ところがどっこい、この小数点3桁から6桁までの値の差が、計算結果にとんでもない大きな差を生み出してしまったのでした。
皮肉にもこの発見が、気象学における貢献よりも、ローレンツを有名にしてしまいました。
·カオスの過敏症例えば、y=4x(1-x)という式を使って調べてみましょう。


コンピュータを遙かに凌ぐ処理速度を実現している可能性もあります
コンピュータを遙かに凌ぐ処理速度を実現している可能性もあります

プログラミングする必要はありません

コンピュータの開発を目指しましたこのxの、最初の値が0.3だった場合と、0.3000000001だった場合を考えます。
たった1億分の1しか違わないんですよ!
この2つをそれぞれ計算していったとき、その後のyの値になんらかの影響を与えると思いますか?
なんと100ステップ後に、yの値は次のようになります。
◆xの最初の値が0.3の場合:0.673899088◆xの最初の値が0.3000000001の場合:0.076831721xの最初の値が1億分の1少ないだけなのに、した違いに非常に敏感です。コンピューターを使って機械的に運用される資産の規模こういう症状を100ステップ後には9倍弱の値になりました。
「初期値過敏性」と言います。
一般に、このようなカオス的な振る舞いを起こす数式は、最初の値のほんのちょっとなんだか病名のような名称です。
·バタフライ効果数式上でどんなことが起ころうと、我々の日常とは全く関係ないことじゃないと思われるかもしれませんが、「バタフライ効果」
という、ちょっと不思議な例え話があります。
ブラジルで蝶々バタフライが羽ばたくと、そのときに周りの空気が揺れたり、あるいは、蝶々が熱を発したりする。
これはとっても微々たる量なんだけれども、だからといって消えてなくなるモノではなく、その影響は周りにジワ~~~っと浸透していく。
その影響の連鎖は、やがて気象にも影響を及ぼし、ついには、数週間後遠く離れたアメリカのテキサスに竜巻を起こす……というものです。

AIに負けている最大化していく

ちなみに、原書ではブラジルとテキサスなんですが、どうしてか、アマゾンやら北京やらューヨークやらと地名が変えられて書かれていることがあります。
たかが蝶々一匹の羽ばたきで、そんな遠くの天候が変わるなんてと疑われる方もいるかもしれません。でも、前述の例のように、最初の値がたった1億分の1違うだけでもその実際、我々日本の天候に大きく影響を与えていることを考えると、後の結果ががらっと変わってしまう例や、あるかもな、という気がします。
ペルー沖の海水温がちょっと上がるエルニーニョ現象が、ちょっとカオスとなる数式はたくさんあるさて、蝶々から数学に話を戻しますが、しない場合もあります。
カオス的な振る舞いをする数式は、実はたくさんあります。


人工知能飛び越える遺伝子
人工知能飛び越える遺伝子

AIとかなんとか新しいから使い方がわからない

また、同じ式でも最初の値や係数の設定によってはカオス的な振る舞いをカオス的な振る舞いを起こす数式として、よく引き合いに出されるのが次の式です。
カオスは何の役に立つのかこういったカオスの振る舞いは、数字の世界だとか、気象などの世界だけに起こることではありません。
最近、我々の身体の機能はカオスだらけだということがわかってきました。心拍数も、脳波も、呼吸も、それに何かを覚えようとするときの脳細胞の興奮にも、カオス的な振る舞い-リズムがちょっとずれたりするがあることがわかってきています。人工知能の視点から人間をみる


プログラムが物理的実体と動力を備えた プログラムが物理的実体と動力を備えた コンピュータにもわかるような形にできないだろうか