歯科材料も通販で医療業界の価格競争に生き残れ!

Wilson Cham | ブログテーマ歯科材料の一覧2013-03-28No Comments »2013-03-28 2013-03-28

円安と国の医療費抑制施策の影響受ける開業医

世の中はデフレが色濃く影響していますが、医療業界は価格競争の働きにくい世界であることに変わりありません。専門の材料の価格は上がりこそすれ、下がることはまずありません。

医療費高騰の影響を受けて、政府は医療費の抑制に向けて度重なる制度改正を行っています。

  • 材料費の高騰によるコスト増大
  • 高齢者の受診抑制に繋がることは、患者の減少

これは、開業医にとっては死活問題でもあります。最近、歯科診療の世界においても、この流れには逆らうことが出来ない事態となりました。 それは、予防歯科診療には保険が適応されないケースが増えてきたことです。

この流れを受けて、患者数は大きく減少しています。

通販サイトで安く仕入れるのが歯科医の生き残りの鍵

完全自費診療でも予防歯科を受けられるという患者は、よほど歯に対する意識が高いか、富裕層に限られるようになりました。これによる経営的な影響を少しでも減らすため、歯科医院では歯科材料をより安い値段で仕入れるところが増えてきています。

歯科材料のみならず、その他のケアグッズも安く仕入れて販売することも経営努力の一つでもあります。

歯科材料専門の通販サイトが主な仕入れ先です。通販でも

  • 一般向け
  • クリニック向け

とありますから、クリニック向けを選ぶのです。クリニック向けですと「フィード」「CIモール」などが有名どころですが、「OBJSTORE」というサイトは豊富な品揃え(歯科材料・歯科用品の一覧参照)の上に、送料無料・代引き手数料無料となっているので、はじめてネットで購入を始めるクリニックには良心的だと言えます。

このようなコスト削減によって、少しでも安い材料が仕入れられるようになることは、患者にとってもプラスとなりますので、このようなクリニックが今後生き残っていくのではないかと思います。

Leave a Comment