AIが学習し合否の判定をする

AIが応答を返す機能を設置しました

人工知能Watsonを活用したシステム
マッチ箱Aに送られ、箱の横に置かれたマッチ棒が、マッチ箱Aの中にあるマッチの数以上だったら、興奮するマッチ箱Aに送られます。
なります。
「その買い方はOK)。
=「その買い方はNG!」。
棒の数が閾値なのですマッチ箱Aの中にあるマッチの数以下だったら、興奮しない=そのように判断します。
そう、マッチ箱Aの中に入っているマッチ「準備」
「その買い方はOK」
の項で、マッチ箱Aの中には6本のマッチ棒が入っていましたから、上の例で言えば、送られたマッチ棒は4本、Aの中には6本ですから、これは興奮しない、つまりと判断したということになります。

AI時代の人生戦略SB新書
この判断は正しいでしょうか?
残念ながら、これは間違いですね。
お菓子1とお菓子2を買うと310円+220円=530円となり、500円までという規則に反します。
とりあえず、マッチ箱に判断させてみる正しい答えが出せるよう、勉強させましょう。NNにおいて勉強するとは、送り出す信号の量と信号を受け取る細胞の閾値の量を調整することです。

人工知能の役割はますます大きくなるでしょう

各マッチ箱の中にあるマッチ棒の数を調整することが、マッチ箱NNの学習ということになります。
ですから、では、合では、この場学習の前に、まず、まだ何も勉強していないアドバイザーが、例題として用意した5つの場合について、どう判断するか見てみましょう。
(1)お菓子1=買う、お菓子2-買う、お菓子3=買うの場合集めたマッチ棒=1+3+8=12本>6本(マッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数)よって、マッチ箱NNはNG!と判断した。

人工知能に知らせてもらえばいいだけですALphaGo事件以前に書いた○実際もNGなので、マッチ箱NNの判断は正しい(2)お菓子-買う、お菓子2=買う、お菓子3=買わないの場合集めたマッチ棒=1+3-4本<6本(マッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数)よって、マッチ箱NNはOKと判断した。
×実際はNGなので、マッチ箱NNの判断は間違い(3)お菓子1=買う、お菓子2-買わない、お菓子3=買うの場合集めたマッチ棒=1+8-9本>6本(マッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数)よって、マッチ箱NNはNG!と判断した。

AI研究を行う世界トップクラスの研究者が公表している未来予測だ

×実際はOKなので、マッチ箱NNの判断は間違い(4)お菓子-買わない、お菓子2=買う、お菓子3=買うの場合集めたマッチ棒-3+8-11本>6本(マッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数)よって、マッチ箱NNはNG!と判断した。
×実際はOKなので、マッチ箱NNの判断は間違い(5)お菓子ㄧ買わないお菓子2=買わないお菓子3=買わないの場合集めたマッチ棒-0本<6本(マッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数)よって、マッチ箱NNはOKと判断した。

人工知能の得手不得手ビットコインは価値の保証者がいない

○実際にもOKなので、マッチ箱NNの判断は正しい結果、2つの場合について正解、3つは間違いでした。
このマッチ箱NNの名誉のために言うと、まだ何も勉強していない状態なので、これは仕方がないことです。
また、逆に2つの正解も単なる偶然にすぎません。
このマッチ箱NNに全部の模範解答通りに正解を出すように、勉強をさせることにします。

      人工知能に対する批判さて
      テクノロジーから変化に追従できず
      ロボットをベースにした宇宙開発がさらに進んでいき


ALphaGo事件以前に書いた AI×VRを活用することによって 人工知能が囲いを巧みに駆使して戦うように2016年の時点で既